2年前に口が開かなくなり他院で額関節炎と診断されました...

相談内容大阪府八尾市 25歳 女性

2年前に口が開かなくなり他院で額関節炎と診断されました。
顎が狭い為、親知らず4本全てを抜き一時マウスピースで治療をしていました。
仕事が忙しくなり治療が中断していますが、当時は下前歯が上に出っ張っている為噛み合わせが悪くなり歯軋りを起こしている。顎に負担が大きいので下前歯の神経を抜き、歯軋りを止める必要があると言われていました。
額関節炎の治療過程で神経を抜く必要がある場合はやはりあるのでしょうか?どうしてもそこが気に掛かり治療が再開できません。

回答

こんにちは!橋本歯科医院 院長 橋本光悦(みつよし)です。
お便りありがとうございます。
私の経験では下前歯の神経を抜いて歯ぎしりを止めたりと言う経験は御座いません。
先生それぞれに治療の仕方と言うのがありますから何とも言えませんが、拝見しないと何とも言えないですね。
また何かありましたら遠慮なくご相談いただければ幸いです。

お気軽にお問合せ下さい
診療時間
日/祝
9:00~12:00××
13:00~16:00××

※ 木、日、祝 は休みです。

大阪府大阪市住吉区我孫子西2-2-19 JR我孫子駅前

tel.06-6605-8148

Mailでお問合せ