橋本歯科医院の顎関節症治療 症例集 当院が選ばれる理由

初めまして。矯正と顎関節症のことでメールをさせていただ...

相談内容枚方市 33歳 女性

初めまして。矯正と顎関節症のことでメールをさせていただきます。
私は二年前から、顎が痛くなり、顎関節症と診断されました。歯科大にて、マウスピースを作ってもらい、寝るときはそれをつけています。
痛み自体はさほど強いものではありませんが、やはり違和感はあります。肩凝りなどもひどく、矯正ということは常に頭にありながら、怖くてこの歳までほっていました。
先生のところでは、顎関節症を治せるということですが、普通の矯正とはどのように違うのでしょうか?
私は何件かの歯科で矯正の相談をしましたが、治療中に悪化する恐れもあると言われました。
また、非抜歯を主張する歯科でも、あなたの場合は抜歯しないとスペースがないと言われ、3本は抜歯の必要があるようです。
今、現在は妊娠中で出産後の治療になるのですが、顎関節症がある場合、痛みが和らいでいる時期を選んでスタートをする必要があるのでしょうか?
また、先生のところでは、治療中に悪化される人はいなにのでしょうか?
矯正をしたいのですが、顎関節症の悪化を恐れ、悩んでいるところです。
相談はレントゲンを取らなくても出来るのでしょうか?

回答

こんにちは!橋本歯科医院 院長 橋本光悦(みつよし)です。
お便りありがとうございます。

Q:先生のところでは、顎関節症を治せるということですが、普通の矯正とはどのように違うのでしょうか?
A:普通の矯正と違う所は普通の矯正は前歯中心の治療ですが、かみ合わせ矯正と言っているのですが、奥歯の垂直的移動を中心とした矯正で、歯を上下とも引っ張り出して高さを上げるつまりマウスピースで上げている事の様に歯を引っ張り出して上げるということです。
よく考えて頂きたいのですが、マウスピースは顎を一番使わない夜寝ているときに入れますが、一番顎を使う食事時には無防備な状態です。これでは何の意味も無いと思うのです。そのため当医院ではそんな無駄な事はせず、歯を引っ張り出すことにより24時間かみ合わせが上がった状態を作る為奥歯の垂直的矯正を行なっています。
もちろん矯正するのですから前歯が綺麗に並ぶと言うのは当たり前で、それは”おまけ”だと思ってください。

Q:痛みが和らいでいる時期を選んでスタートをする必要があるのでしょうか?
A:その方が治療しやすいですね。

Q:治療中に悪化される人はいないのでしょうか?
A:御座いません。

Q:相談はレントゲンを取らなくても出来るのでしょうか?
A:いいえレントゲンをとって今の歯の生え方や埋まっている親知らずの状態、等を拝見したく思います。
叉、当医院では矯正前に親知らずを全部抜歯して矯正し易い状態を作るのと、治療後の後戻りをし難くします。

ですから出産を終えられて、授乳期が過ぎてからの方がいいと思います。 いつでもご相談ください。

お気軽にお問合せ下さい
診療時間
日/祝
9:00~12:00××
13:00~16:00××

※ 木、日、祝 は休みです。

大阪府大阪市住吉区我孫子西2-2-19 JR我孫子駅前

tel.06-6605-8148

Mailでお問合せ