顎関節症の為のかみ合わせ治療方法

当院では対症療法だけでなく根本から顎関節症を治療する為の噛み合わせ治療を行っております。
顎関節症を治療する為には顎の動きや噛み合わせがどのようになっているのかをまず把握する事が重要になります。

患者様の顎の動きや噛み合わせの状態を再現する咬合器という装置を利用します。咬合器を使う事で、一番最適な位置にかみ合わせを再現することが出来ます。

まずは、噛み合わせ検査により患者様の状況を把握した上で最善の治療方法をご提案いたします。

矯正で治療する場合 かぶせ物で治療する場合 併用で治療する場合

矯正でかみ合わせ治療する場合

一般的には歯並びを治す事を目的として矯正治療は行われますが、見た目を治すのと同時に噛み合わせの改善を行うことができます。
ズレてしまった歯並びを矯正装置で治す事で正しい歯並びと正しいかみ合わせに戻します。

顎関節症治療の症例紹介

ビフォー

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

奥歯が内側に倒れ、下顎が後ろにずれて、全体的な噛み合わせの高さが下がり顎関節症を起こしていました。

顎関節症治療の途中経過

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

矯正治療により歯を正常な位置に戻しています。

アフター

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

内に倒れてしまった歯は元の正常な位置に戻り、歯並び、噛み合わせも改善しました。
顎の動きも正常になり顎関節症が治りました。

出来る限り永久歯を抜くことなく、矯正治療を行います。 矯正専門医が言う抜かなければならない歯は、噛み合わせの上では非常に大事なキーとなる歯で、これを抜いて矯正したお陰で、矯正終了後2~3年経ってから、顎関節症が起きるケースが増えています。

■可能な限り健康な小臼歯は抜かない
■顎関節の動きを考えて歯並びを治す
■矯正装置の装着期間はなるべく短くする

以上この3点を基本に、見た目の美しさだけではなく、顎関節にやさしい本当に体の健康を考えた歯列矯正治療をご提供いたしております。

かぶせ物で噛み合わせ治療する場合

虫歯の治療などで銀歯等のかぶせ物がある方は多いと思います。
また、歯ぎしり等で歯が削れてしまい高さが変わってしまう事もあります。
そのような状況が長年続く事によって歯の高さが変わり、噛み合わせが悪くなり顎関節症を引き起こしてしまう事があります。
まずは仮のかぶせ物を装着し3ヶ月程度の期間をかける事でかみ合わせと、顎の位置を正常に戻します。

顎関節症治療の症例紹介

ビフォー

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

上下共に銀歯が多く、正しい治療がなされていなかったため噛み合わせが悪くなっていました。
口を閉じた状態で下の歯が上の歯で半分ほど隠れている状態でした。下の歯が見えない状態という事は顎が後ろに下がってしまっている状態です。

アフター

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

上下共に仮歯を入れた状態です。
仮歯を入れる事により歯の高さを調節し正しい噛み合わせにしています。
仮歯を付ける前の状態と比べると口を閉じた状態で下の歯の見え方が違う事が見て取れます。仮歯を約3ヵ月間装着する事により顎の位置を戻していきます。
あとは仮歯をセラミック等のかぶせ物を装着すれば治療完了となります。

併用して噛み合わせ治療する場合

患者様の状態により矯正とかぶせ物の両方を併用して治療する事があります。

顎関節症治療の症例紹介

ビフォー

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

前歯が出ていて、下の奥歯が銀歯で歯の高さが低く、なおかつ真ん中の位置もズレていた為、顎関節症を引き起こしていました。

顎関節症治療の途中経過

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

矯正治療で歯並びを治すとともに下の奥歯には仮のかぶせ物を装着しています。

アフター

  • 上顎

  • 下顎

  • 右測

  • 左側

  • 正面

  • 側面

歯並びもよくなり奥歯の仮歯をセラミックにしました。
噛み合わせや顎の動きも正常になり顎の痛みも解消されました。

お気軽にお問合せ下さい
診療時間
日/祝
9:00~12:00××
13:00~16:00××

※ 木、日、祝 は休みです。

大阪府大阪市住吉区我孫子西2-2-19 JR我孫子駅前

tel.06-6605-8148

Mailでお問合せ